2013年10月07日

香港競馬を楽しもう(919) 日曜結果と凱旋門賞

毎年、悔し紛れに、「古馬では最先着なんだから。。。」って割り切るしかないのか。凱旋門賞にはウォッカの様なダービーを勝つような牝馬を育て上げなければ、もう無理かもしれないね、今のルールじゃ。


さて、香港競馬の方は、公開(勝負)レースが1勝1敗。エディーは良く頑張ってくれました。


<< 結果 >>

組み合わせ複勝馬券(All UP PLA 2x3)

@
1st Leg
第4レース ST 芝1200m(Aコース) 第四班(60-40分)
◎(正) 2番 14枠 伽楠(Kynam) 韋達騎手 6着 (1馬身)

的中無し。

コメント... 想定外の最後方。直線大外一気、最速の上がりタイム(22.50sec)で追い込むも届かずの6着。この教訓を生かして、第9レースでは、馬群の空くのを待ったホワイト騎手。こっちでやって欲しかった。

2nd Leg
第7レース ST 芝1600m(Aコース) 第三班(80-60分)
◎(正) 1番 4枠 熱爆男(Eagle Power) 頼維銘騎手 2着 (首差)

的中。複勝3.75倍。

コメント... まずまずのスタートも控えて8-9番手の外目を追走。直線良い手応えでグングン追い込んで来たがあと一歩及ばず。


A
1st Leg
第8レース ST 芝1200m(Aコース) 第三班(80-60分)
7番 2枠 飲食之星(Dining Star) 潘頓騎手 9着 (7½馬身)

的中無し。

コメント... 前走出遅れが敗因と分析して、今度こそと狙ってみたが、やはり展開が向かなかったと言う事か。展開が嵌りそうなら公開予想の勝負レースにしたいくらいだったが。

2nd Leg
第9レース ST 芝1400m(Aコース) 第三班(80-60分) 
7番 4枠 駿馬名駒(Rewarding Hero) 韋達騎手 1着 (短頭差)

的中。複勝1.25倍。

コメント... 上記の通り、こちらも最後方となったが、馬群の隙間が空くのをじっと待って、わずかな隙間からスルスルと抜け出してきた。ホワイト騎手の好騎乗。第4レースが無駄にならなかった。

B
1st Leg
第9レース 同上

2nd Leg
第10レース ST 芝1200m(Aコース) 第二班(100-80分)
3番 3枠 天合(Lucky Double Eight) 潘頓騎手 5着 (2馬身)

的中無し。

コメント... 思ったより前での競馬になった分、直線で脚が止まった印象。


@ 6着 - 2着 投資 240 回収 300
A 9着 - 1着 投資 60 回収 25
B 1着 - 5着 投資 60 回収 25

投資額 360ドル
回収額 350ドル
回収率 97%
的中率 50% (3/6)

累積投資額 2,670ドル
累積回収額 1,900.53ドル
累積回収率 71%
累積的中率 48% (24/50)

勝負馬勝率 20% (延べ10勝)
勝負馬複勝率 48%


凱旋門賞は、オルフェーヴルの応援馬券の馬連5点流し(6>5+14+15+17+18)で、ちょい勝ち。そんな事はどうでも良い。いつになったら勝てるんだ。昨年勝っておかなくちゃいけなかったんだよ、やっぱり。

posted by MOTA at 01:19| Comment(0) | 香港競馬の予想と結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。